ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸子。

誰かに大切に思ってもらっていると感じるのは、自分が誰かを大切に思い愛していると認識するより当たり前だが難しい。自分はめい一杯愛情を持って接しているのにどうして、、と思ったことが、まだ青々と若い自分には多多あった。「気持ち」と言うのは目に見えないから、いくら相手が「めい一杯」の気持ちをこちらに送ってくれていても、それが何かの形をなって表れない限り気付けないことが多いのだ。

20160326090110f59.jpg

だからなのだろう。贈り物はもらうのも嬉しいし、誰かを思って選ぶのも嬉しい。これで自分の気持ちが「形になって」届くと思うとワクワクする。そして、逆に家族や友人から海を越えて届いたものは、自分のために選んでくれ、そして手間をかけて届けてくれたと思うと嬉しくなる。届いた物も自体が嬉しいのはもちろんだが、でも、本当のところ「その物」が無くても「その物に乗って来た気持ち」を思うだけで胸の中にほんわかと陽が照るのだ。そして胸からその温かい気持ちがじんわりと溢れ、体に、顔に現れる。笑顔になる。

20160718092031029.jpg

日本に帰国しようか迷っていた。哲が背中を押してくれ、そして両親は快く両手を広げてくれた。16日間という長い滞在中、みんながどれだけのことをしてくれたのかは痛いくらいに分かっている。両親がしてくれた一つ一つの心使い、哲が笑顔でお留守番をしてくれたこと、目に見える「物」や「言葉」になっていなくてもそれは十分に伝わって来ていた。
しかし、実際に言葉を見た時、痛いくらいに持っていた感謝の気持ちはさらに痛みを増し現れ、その気持ちと一緒に涙が出て来た。

2016081221254537e_20160816211744ca8.jpg

哲宏さん、長い間幸子を日本に帰国させて頂きまして有難う御座いました。
哲宏さんはお仕事とハルちゃんとクルミちゃんのお世話で大変でした事と思います。
幸子を成田までお見送りに行けず、パパと私で新宿駅の成田エクスプレスのホームまで一緒に行きました。
私達は歳の為でしょうか。さっちゃんには何もしてあげれませんでしたが、私達は幸子の細いながらも元気な姿に安心いたしました。
私達はこれから歳と共にいろいろな事がありご心配やご迷惑をおかけしてしまうかもしれませんがどうぞ宜しくお願い致します。
どうぞ哲宏さんお体にはくれぐれも気をつけて疲れないようにしてください。
ブログの哲宏さんが少しスマートになって幸子がいない為に食事面でご迷惑をおかけしてしまいました事すみませんでした。
成田空港の幸子からお電話をもらいました。
本当に有難う御座いました。
無事ワシントンに到着する事を祈っています。


20160715090621229.jpg

お母さん、哲宏です。
こちらこそ、幸子が長い間お世話になりました。私の方は幸子の作り置きのおかげで何とか大丈夫でした。
少し痩せたかもしれませんが、それは食事では無く、毎朝仕事の前に長めの散歩をしたせいだと思います。だから良い痩せ方です。
幸子のフライトは定刻通り出発したようです。今日は仕事を早めに切り上げて迎えに行きます。
また無事に着いたらご連絡しますね。
それではありがとうございました。お父さんにもよろしくお伝えください。
哲宏



ママが私のことを「幸子」と呼んでいた。呼び慣れていないからなのだろう。文章の中で「幸子」と「さっちゃん」とママ自身も交えて使っているが、ママが私を「幸子」を呼んでいるのを文面だとしても私は初めて聞いた。普段は「さっちゃん」と呼ばれるのが好きなのに、この時「幸子」と呼ばれたことに「ママに守られている」という気持ちを強く感じ、ママの子供なんだと改めて思えた。ママの温もりを感じた。

帰国は何年かごとにしている。十数年前に帰国した時は、ちょうど劇的に痩せていた時で、その帰国の折りはパパとママにどんなに心配をかけたことだろう。パパが病院にまで付き添ってくれたりもした。あの時は日本に数か月いたのに、友人にも会う勇気と元気も無く、数か月の滞在で会った友人はほんの2人だった。そして、ほとんどの時間を一階の畳の部屋に敷きっぱなしにしていた布団の上で寝ていたのだ。冬だった。痩せていたこともあり、寒くて寒くてしょうがなく、そんな私にママは足湯を作ってくれた。だからママが今回のメールで「幸子の細いながらも元気な姿に安心いたしました。」と言っていたことが本当に嬉しかったのだ。自分の健康には自信を持ちつつあったものの、ママに太鼓判を押してもらい、あぁ、やっと元気になれたんだと思えたのだ。

大切な家族が知らない所で「私」についてやり取りしている様子を読み、愛されていることを言葉でさらに知ることが出来私はなんて幸せなんだろう、、と思った。今回の帰国は哲、そして両親の助けがあったからこそなし得たのは分かっているが、言葉で家族の支えを目の当たりに見、感謝し尽せない気持ちとなったのだ。

日本に帰国する前は、哲が1人で生活することはもちろん、自分が1人で日本に渡り、帰国前に組んだ予定をこなせるか不安だった。今回は1年半ぶりと比較的短いブランクだったために、「絶対に必要なタイミング」の帰国では正直なかった。でも、今までした帰国の中で今回の帰国は大切な帰国になり、「絶対に必要なタイミング」の帰国だったのだと思えた。気持ちの上で今までの自分、これからの自分、家族、大切なものをはっきりと感じることが出来、これからどうしていったら良いか分かったような帰国だったのだ。

パパ、ママ、ありがとう。
哲、ありがとう。

みんなに守られている。幸せだ。

幸子を帰国させて頂きましてありがとうございました。

そう私は「さっちゃん」である前に「幸子」。
幸せな子。就職活動の面接で名前の由来を聞かれた時に「これからは人を幸せにする子になりたいです」と言ったが、やはり私は「人からたくさんの愛をもらい幸せにしてもらっている」子なんだと思った。

応援をどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。