FC2ブログ

ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジ色のセーター。

「カシミヤ」は高価なものだというのは、子供の時から聞いていたから知っていた。シンプルでも質の良いものが好きなパパがそう言っていた。「カシミヤ」を高価なものだと理解し、そして大人になり、そして就職して初めて「カシミヤ」を肌で知った。柔らかい。温かい。

私はパパと違って質よりもデザインを重視する。だから多少質が悪くても、自分の心にグッとくるデザインの洋服や物に手を伸ばす。大抵、カシミヤを使ったものは、高いがゆえにシンプルで長く愛用するようなデザインになっているから、私の目には留まり辛いのかもしれない。本当はそういうものを買った方が、ゆくゆくは重宝すると分かっているが、なかなかそういう「大人な」ことが出来ないでいる。

このセーターはね、着心地が良いだけでは無くて、優しさに包まれているような気持になるんだよね。

            iphone_20120319103407_201603250645046cd.jpg

毎回このセーターを着るとそう思う。大好きな色、サーモン系のオレンジ、そしてシンプルなデザイン。だから飽きずにもう何年も大事に着ている。実はこのセーターは私に袖を通される前は、私の心友であるかりんが着ていたものなのだ。かりんが10年ほど前にくれた、かりんのおさがりだ。だからもう10年以上は、シンプルなデザインを活かしてこうして長く愛されているのだ。

あの時、体調が悪いまま帰国した私は、心を癒しにかりんのお家に泊まりに行った。今よりも10キロほど痩せていて、何枚服を着ていても、いつでも寒かった。持っていた服は全て大きくなってしまい、でもまだ節約生活の名残を残していたために、新しい洋服をなかなか買えないでいた時だった。

          402266_187319268034026_1164748862_n.jpg

そんな話をかりんのお家でしていたら、実家に帰ってからかりんがいくつかもう着ないという洋服を私に送ってくれたのだ。赤いコート、白いウールのコート、モヘアの白のセーター、クリーム色のワンピース。そしてその中にこのオレンジ色のセーターがあった。

これを着るとなぜか私は腕組みをするように左手で右腕を、右手で左腕を触るような恰好をする。だって柔らかいから。気持ち良いから。だって何だかかりんといるみたいだから。

そして気づいた。
あ、これはかりんだ!
そうだった、かりんはカシミヤが好きだった。共に同じ会社で働いていた時も、セールになってもまだ高いカシミヤのワンピースをかりんは買った。帰国するたびに、腕を組んで歩く私達で、私がいつも組んでいる腕はこの柔らかいカシミヤの感触だった。

DSCN2471_20120319225113.jpg

かりんからもらったセーターだからかりんを思い出すのはもちろんだが、カシミヤの温かさと柔らかさが「かりん」だったからさらにかりんを想い出し、胸が温もりに包まれるのだ。

そう気づいたのは、哲が帰国する前日に車に乗っている時のことだった。オレンジの袖を通した自分の腕を触りながら、かりんを想っている自分に気付いた。

哲も無事に日本に到着し、こちらは桜も蕾を膨らまし春めいて来ているが、まだ肌寒い朝だった。私は帰国中の哲に内緒で教習所に颯爽と向かっていた。哲を敷地内の駐車場で見送った足で、涙目の私はそのまま教習所へ向かい、「免許を取りたいのですが」と言い、テキストをもらってきた。そして、哲の不在中にいろいろ予定していたことの合間に時間を見つけては、テキストを広げ、ピンクの蛍光ペンでラインをひき、必死に頭に入れ込んでいた。試験を受ける日を自分の中で決めた。

数日後、その日となり、これ以上勉強しても得点には変わらないだろう、、と思った私はテストを受けに行くことにした。何を着て行こう。あ、そうだ。私はオレンジのセーターを選び、その上にさらにかりんからもらった白いモヘヤのセーターを着た。あったかい。そして教習所の8時の開始時間に合わせて家を出た。

まだ8時前だったために、外でしばらく並び、そして中に入り書類を受取り、それを提出し順番を待った。視力検査を受けた後、コンピューターの方へ案内された。
はい、7番ね。7番に座って試験受けて。グッドラック。

全く心のこもっていない「グッドラック」という言葉を受け、席に座りかけたがその前に念のためにと「ちょっとお手洗いに行って来ます!」と言い、お手洗いに行き、そして気合を入れて7番席に腰掛けた。斜め後ろには高校生らしき子が受けている。

一連のスクリーンタッチの練習後、試験が始まった。受ける前は受かる自分しか想像していなかったから、正直途中で意外な難しさに驚き「こんなはずでは無い」と焦ったが、一生懸命、頭に入れていたことを思い出していた。私はコンピューターの選択肢を吟味しながら右手で柔らかい左腕を触っていた。柔らかい。温かい。

パスした。

DSC06992 (500x375)

教習所に向かっていた時、帰りは嬉しい気持ちで歩いていますように!絶対にそうでありますように!と願っていた私は、その通りの嬉しい気持ちで同じ道を歩き家に向かっていた。いつもであればすぐにでも哲に報告したいところだが、哲は日本にいる上に、今は夜中だ。そして哲の他にもう1人、頑張ったよ!と報告したかったのが、オレンジのセーターの温もりを持ったかりんだった。

そんな朝を迎えていた日、午後に小包が届いた。かりんだった。

100 (500x375)

哲が帰国して寂しくしているであろうと、私を元気づけるお菓子や酵母を送ってくれたのだ。発酵に時間のかかる酵母のパン作りをゆっくりと楽しめるように、哲がいない「時間」が早く過ぎますようにと。

そして私はかりんに小包が届いたことを告げるお礼のメールを書いた。

本当に本当にありがとね、、。
(小包を受け取って)かりんが側にいるみたいに感じたよ。
今日はまたまたかりんのセーター(2枚重ね着)を着て、実は、、
仮免取って来た~!
哲にも内緒。
いひひ。
無事にテストをパスしたよ!
本当にありがとね。


かりんのセーターを重ね着してかりんを側に感じた日、小包を受け取ってかりんが側に来てくれた。

オレンジ色のセーター、この冬はもう着ないかな。
また手洗いして、丁寧にしまっておこう。
また来冬。

かりん、オレンジ色の温もりをありがとう。

カシミヤって温かい。それは心友の温もりだった。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

●NO TITLE

素敵なセーターですね。色も綺麗。そして何よりも心友の気持ちも入ってる。
これで試験に合格!!凄いです。
セーターが応援してくれたのでしょう。
さらに心のこもったパッケージもダブルで嬉しいですね。
DMVは朝本当にいつも並びますね。私も何度か並んだことがあります。
合格おめでとうございます!!
幸子さん、本当にスーパーウーマンで尊敬します!!

●mackmayさんへ。

mackmayさん、

こちらの方にまでありがとうございます~。
そうなんです、色がとっても良いですよね!そして心友かりんを感じ、嬉しいお洋服なんです♪
贈り物もとても嬉しかったです!
いえいえ、まだ路上試験があるので、これから練習です~~~。
でも、仮免でも嬉しいですね!お祝いのお言葉、ありがとうございます♪
まだ仮免なので、全くスーパーウーマンでも何でもありません~~~。

読んでくださって、そしてコメントをどうもありがとうございました!

sachiko

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。