FC2ブログ

ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サフランライス。

20160225231451dc9_20160303203958d15.jpg

どうしてあのライスに惹かれるのだろう。

私達が訪れる度に、スースーは一か所だけ黄色く染まったサフランライスを必ず炊いてくれる。炊いてくれるというよりは、日本人にとっての白米と同様に「必ずなければならない」ものなのかもしれない。白米よりもあのご飯に私が強く魅力を感じるのは、白いご飯の中に一か所だけ染まった鮮やかな黄色が目を惹くからなのだろうか。
蒸し終わってから混ぜ、ところどころに散らばった黄色が、きちんとしていないのに、このご飯はあれが「完璧」な形なのだ。


dsc07694 (500x375)

日本の真っ白なご飯は世界に誇れる「ごはん」だと思う。炊きあがった時のあの香り、そして艶。思い出すと郷愁と共に、もれなくその他の和食の映像が思い出される。湯気の立つお味噌汁、お漬物、お魚、煮物、、、、。他の国のお米とは違い、透明感のあるこの香り、そしてその佇まいは、「とても日本的」だ。そう、きちんとしている。

15年以上前にアメリカに赴任し、初めて日本を第三者的客観的立場から眺めることが出来た。その当時はアメリカかぶれの観光客気分だったから、アメリカのことは客観視することが出来ず、ただただ「アメリカ」を楽しんでいた。そして、チリに渡り、またアメリカに戻り、アメリカ生活が長くなるに従って、日本同様にアメリカにいながらもアメリカのことをやっと客観視出来るようになった。観光客ではなく、住人として、冷めた目で見ることが出来るようになってきた。日本の良さ、アメリカの良さ、日本食の特徴、アメリカ食の特徴、それぞれの良さ。

私は料理が好きだ。作るのも食べるのも見るのも好きだ。料理に関する本や番組であれば、はてしなく見ることが出来るだろう。料理雑誌をパラパラとめくっていると、近年では料理に国境がなくなりつつあるのを感じる。日本でも「アメリカ的」なレストランが増えているように、こちらでも和素材を使った料理や、それを出すレストランが増えている。しかし、同じ名前を持つ料理でも土地が変わると、やはりその土地の文化の色が現れ、アメリカの和食は和食になり切れず、そして日本のアメリカ食はアメリカ食になり切れていないように思うのだ。

日本人はとても真面目で律儀できちんとしていて、、、そう、だから料理も「きちんと」してしまう。人気のあるレストランがアメリカ料理を出していても、良い素材を使い美味しそうで、とてつもなく綺麗なのに、なぜか「アメリカ」を感じない。あと一歩のダイナミックさ、少し崩れるような盛り付け方、全てが均一でない様子はやはりアメリカ人にしか出来ないのかもしれない。雑であることが完全な形なのだ。昔ながらの、ママが作ってくれたような薄切り食パンに卵サンドは別の話だが、簡単なサンドウィッチにしても、アメリカンなサンドウィッチはやはりアメリカのものの方が美味しそうに見え、日本ではサンドウィッチは食べたいと思わなくなってしまった。

同じようにアメリカの和食は日本人シェフが作らない限りは、全く日本的ではない。定評のある料理雑誌が和素材を取り上げることが多くなった今日で、そのレシピを写真と共に紹介していても、どれも「これは日本人が作ったのではない」とすぐに分かるのは、ここ一歩というところで「きちんとさ」に欠けているからだろう。それに絶対にありえない食の組み合わせもある。それが目からうろこで、は!と思わせてくれることもあるが、でもやはり、その斬新な和食は「和食」では無いのだ。

アメリカに長く住むようになり、日本の文化から遠のいている私自身の中身が、どっちつかずだなと思うことも最近良くあるのだが、その自身同様に、料理もいわばどっちつかずかもしれない。だから他の人が作ったもののことはとやかく言えないのは分かっている。でもそのどっちつかずの中でも、アメリカで生活し良かったと思うのは、アメリカ的な料理の盛り付けや素材の使い方を少しでも肌で学べ「きちんとしていない」ことも魅力なんだと学べたことだろう。

12 (500x375)

私がスースーのあのサフランライスに魅力を感じたのは、もちろん素晴らしいキッチンで調理されサフランの香りが良いこともあるのだが、白の中に混じる不均一な黄色に魅力を感じたからだ。日本人がサフランライスを炊くならば、おそらく全て薄い黄色に仕上げるだろう。現に私は今まで、ターメリックライスでそうしてきて、それが当たり前だと思っていた。部分的にだけ違う色なんて考えたことも無かった。そして、私は不均一なこのライスが炊きたいと思ったのだ。

16 (500x375)

そしてスースーのご飯を炊いた。きちんとしないように炊いた。哲は「もっと黄色があってもいいね」と言った。あと少しのダイナミックさに欠けた私のサフランライスはやはり日本的なのだろうか。

スースーの不均一サフランライスを見ながら、白人の中に混じる黄色い自分を思ったりする。日本人である自分にアメリカでこれから何が出来るのだろう。サフランのように、小さくとも強力な香りとパワーを持つような存在になれるのだろうか。きちんとしている日本人の私は、アメリカの社会で頑張れるだろうか。

サフランライスのように、ゆるく大雑把に頑張ってみようかな。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。