FC2ブログ

ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私だ。

とても日常的な朝だった。

犬も一緒に車に乗せて買い物に行く。明日で切れてしまう無料クーポンを使いたくて、とあるグローサリーストアに出向いた。クーポンは一回に付き一枚しか使えないらしい。だから、私と哲はそれぞれ違うレジに並び、自分の順番を待っていた。

哲にはとりあえずその品だけを無料でもらえれば良いと、その品とクーポンを手渡し先に並んでもらっていた。私は他にも買うものがあったから、ぐるりと店内を周り、いくつかの野菜と果物を手にとり違うレジに並んだ。
自分一人で買い物に来ている場合は前に並んでいる人の様子を見守るのだろう。でも、家族がいれば自然とそちらに目が行くものだ。2つ左のレジで順番が回って来た哲の様子を私はなんとなく見ていた。

何やら問題があったらしい。哲がレジのおばさんに何か言い、そして何か言われ、そしてその男性はレジのおばさんからその品をさっと受取り、理解出来ないというような何とも言えない怒りと呆れた表情と仕草をし、こちらに向かって来た。
途中から私はその男性が哲では無く、「ある男性」のような気持でその様子を見ていることに気付いた。
哲があんな仕草やあんな嫌な表情をする訳がない。

もし、私と一緒に並んで「その男性」の様子を眺めていたら、きっと「どうしたんだろうね、あの人。何があったとしても、あんな顔しなくても良いのにね。」と私は哲に言いそうだ。
だが、今回はそんな顔をした男性は、間違いなく私の知っている哲だった。
どうやら、そのクーポンの処理はその人では出来ないから、あちらのレジに並びなおしてくださいと言われたらしい。
長く並んでいたこともあり、そしてただ単に、そのレジの人がマネージャーをマイクで呼べば良いということもあり、哲は納得いかない気持ちを抱いたのだろう。その気持ちに納得するが、私は哲のあの「表情と仕草」が目に焼き付いてしまい、何とも言えない気持ちになった。

帰りの車の中で、哲に「あんな表情をしなくても良かったのに」と伝えようかどうしようか、ずっと考えていた私は、おそらく家に着くまで一言も口を開かなかった。結局言わないことにしたが、でもその日、一日、その出来事が残念で残念でしょうがなかった。
昔はあんな顔しなかったのに。

あのね~、聞いてよ!○○くんったら、いつの間にか、こんな仕草をするようになって、こんな大人みたいな言葉を発するようになったのよ!
とお友達のHさんが話す。
見てるのよねぇ、私達のことを。そして会話を聞いているのよ!表情なんてパパそっくりなんだから!

子供は周りにいる人の影響をすぐに受け、そしていつの間にかそれを身に着ける。
大人になったって人の影響は受ける。私は犬と哲との時間がほぼ全てだから、他の人から影響を受けることは少ないが、哲は私の知らない英語を使うようになったり、言い回しをしたり。おそらく一緒に働いているドクタールーが使っているのだろうな、、と思ったりすることが時々あるのだ。

そう、大人だって誰かの影響を受けるのだ。

いつから哲はあんな顔をするようになったのだろう。哲はもっともっと寛大で忍耐力のある人だった。我慢できる人だった。

そしてっと気づいたのだ。

哲、、、、ごめんね、、、、。

私だ。

哲が仕事以外に四六時中一緒にいる私が、眉間に皺を寄せたり、いらいらしたりしているから、それがいつの間にか哲に移ったんだ。どうして「いつからあんな人に、、、」なんて言える権利があるだろう。哲は我慢強く忍耐強く優しいから私がいくら嫌な態度をしても、ずっと我慢してくれている。哲の方こそ、「いつから幸子はこんな顔をするようになったのだろう」と思っているに違いないのに。
そう気づき、私は哲に申し訳ないことをしていた、、と胸が痛み、どうやって「哲」を取り戻してあげようかと考えた。

539787_385204354912182_122418570_n (500x375)

夫婦というのはお互いに影響しあうから、「似たもの夫婦」が巷には溢れているのだと思う。
哲がいつもでにこやかで、寛大で、優しくあれるように、自分がそうしなくてはならないのだ。
何でもまず先に「自分を省み直す」ことが先なのだ。人のせいにしてはならない。自分が変われば人も変わる。

神さまは私が眉間に皺を寄せている日々が多い時に、鏡としてそれを見せてくれたのだろう。

11807171_800830483349565_5102028924183131719_o (500x375)

哲のためにと思うと、笑顔を増やせるような気がした。

さぁ、明日からまた新しい一日が始まる!
朝、起きて、おはよう!と笑顔で言える様に。

あの優しくて素敵な笑顔の人、誰だろう。
あれは私の主人です。


とても日常的な朝が大事なことに気付かせてくれた日となった。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

●NO TITLE

素敵!
きっと私たちは自分の身近な人に自分を投射しているんでしょうね。
私もたくさん思い当ります。
読んでいて、気を付けようと思いました。
それにしても、SACHIKOさんの気づき、素晴らしいです☆
感謝♡

●panipopoさんへ。

panipopoさん、

こんにちは♪

そうですよね、人間だれしも、良かれあしかれ人から影響を受けますよね。
まずは自分を振り返らないとぉぉぉ、、。
本当に毎日反省の日々です~。

こちらまで足を運んでくださり、ありがとうございました!

SACHIKO

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。