FC2ブログ

ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GORGEOUS INSIDE。(ゴージャス インサイド)

ねぇ、ちょっと君たちに日本に関する質問だあるんだ。

201509202016517b9.jpg

秋に参加したドッグキャンプで、たまたま食事のテーブルが一緒になったマイケルが食事の手を休めて私達に問いかけて来た。響き通る声を持つ彼は「教授」を思わせる雰囲気で、今までの交わされていたテーブルでの会話からもその博識度が伺える。日本人なら知って置くべきことをも知らない私だから、一体どんな難しい質問を投げかけてくるのだろう、ここは哲に任せよう、、そんなことを咄嗟に考え心構えた。

日本人は新しい物好きだって本当かい?
家もみんな新しい物を建てるって聞いたんだよ。


政治や歴史のことを聴かれたら大人しくしていようと思っていたが、これならば答えられる。

そうそう、そうなんですよ。
日本人は新築が好きで、古くなった家は高く売れないんです。車も中古はぐんと価値が下がるんですよ。


人間は誰しも「新しいものが好き」だと思っていたが、それは特に日本人に言えると分かったのは、アメリカに来てからだた。そして「日本人の方が変わっているのかもしれない」と思うようになって来ているこの頃だった。
そう、アメリカは違う。例えば私達が住んでいる家は1970年に建てられたものだ。造りは古いが中は綺麗にリノベイト(改装)され、2004年に売られ始めた。こうして中を改装することによってその価値は下がらないどころか、時には改装することによって価値が上がる家もある。車もそうだ。さすがに我が家の車のようにもう10年近くも乗って、しかもポンポンコツコツと音を立てるようになってしまった場合には話は別だが、1年乗っては買い換える人もいるように、中古の価値が下がらない。




誰もが多少なりとも劣等感を持っていると思うが、私は小さい頃からたくさんの劣等感を持っていた。子供は残酷だからだろう。小さな頃から真ん中の姉に「さっちゃんは足が太いね」「さっちゃんは顔が大きいね」「むちむちだぁ」などと言われ育った。ある程度の大人になってからも「さっちゃん、センス悪い~」と着ている洋服を見ながら言われ、慌てて着替え直したりもした。すらりとし、いつもお洒落な服を着ていた姉に憧れを持っていたから、もちろんそれらの言葉はそのまま真に受け、そしてそのままその劣等感を引きずり生きて来た。
背が高いのも劣等感だった。日本では私は「大きな女性」で、電車の中でいつも自分の頭が誰よりも高い位置にあるような気がし、巨人のように感じていた。華奢で背の小さな女性が本当に羨ましかった。一緒に住んでいた大好きなおばあちゃんが「さっちゃんの目が好きだわ。そのすっとした目が。」一重だった私の目を誉めてくれたから(←クリック)、目は細いながらも劣等感を持っていなかった。ありがとう、おばあちゃん。

劣等感を小さい頃から持っていた私はもう40を超え、立派な「おばさん」となった。30がお肌の曲がり角なんて30になった時にはその曲がり角をなるべくゆっくりと曲がるように気を付けてはいたが、30の曲がり角なんて大したことは無かった。40も大したことはなかった。44!ぞろ目になってからは曲がり角は日々で、「え!昨日この皺なかったんじゃないの?」「え!今年の夏までお化粧の乗りが良かったのに、なんで最近、、、、」と日々の変化にしょげるのだ。ただでさえも、子供の頃から引きずっているの劣等感を両手一杯に持ち合わせているのに、私の手にはもう手には納まらないほどの劣等感が山盛りだ。鏡を見ないようにし、でも怖い物見たさに見てはまた肩を落とすのだった。

ねぇ、哲、ハルは自分が小さいこと分かっているのかな。分かっていないから、大きなワンコにも立ち向かうのかな。人間がもし、鏡も無くて自分の姿がどんなのか分からなかったら、外見から来る劣等感なんて持たないのかな。

もし、鏡が無く、自分の姿を知らず、「自分=本質」だったら、私はどんな人間になっていたのだろう。
自分は「本質」をしっかりと持っていず、外見にばかりこだわってしまうから、自分に自信を持てないのだろう。

4 (500x375)

ハルとクルミの散歩をしていた時だった。我がコンドミニアムがある裏の住宅街で中古の家が売りに出されていた。売りに出されている家には大抵「FOR SALE」や「UNDER CONTRACTION(交渉中)」などと看板が掲げらる。私は売りに出されている外見は普通の古い家を眺め、そして手前にある看板に目をやり、はっとした。


2 (500x375)

I’m Gorgeous Inside.

古い家でも中に入ると「うわぁ、素敵!!」と驚く家はアメリカにはたくさんある。古いからこそ、今の簡単な作りとは違い、しっかりとした煉瓦造りで、良かったりもする。そうだ、GORGEOUS INSIDEだ。

これから毎日増える皺を数えてその度に落ち込む私は、自分を見る目先を変え、もっと中身に焦点を当てなくてはならない。中身がGORGEOUSであれば、いくつになったって凹むことは無い。自分の中身がしっかりしていなから、外ばかり気にしてしまうのだ。

3 (500x375)

看板に励まされた午後だった。そして、ことあるごとに、あの家の前を通りたくて、ハルを説得して歩く私だった。
この家、中はどんな何だろう。玄関にはすっきりとし、テーブルには花が飾られ、ライトは温かく、、、
家の中を想像し、自分も「I AM GOEGEOUS INSIDE!」と言えるような自分になろうと思う。
中身を改装し、改良し、中古の価値を下げるどころか、価値をあげるんだ!


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。