FC2ブログ

ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せにします。

40年以上も生きて来た中で、自分の人生について真剣に考えたのは恥ずかしながらおそらく2度しかない。節目と言える大学受験就職活動も、「自分」を考え、自分が何をしたいのかを考えたものの、悩みに悩んだとは思えない。結婚ももちろん大事な人生の節目だが、7年近く付き合っていた哲との結婚は「考える」というよりも「気持ち」と「流れ」に乗って選んだ道だった。今まで真剣に「人生」と「生きていくこと」を考えたのは、一度目はチリ、そして二度目はテキサスにいた時だった。そして、三度目が訪れた。

「平凡」な人生なんてこの世に存在せず、当人は気付かずとも誰の人生もいろいろあるものなのだ。結婚してから歩んで来た道を振り返ると、私もいろいろあったと思う。そんな「私(達)の人生」は人には「刺激的な人生だね」と言われることが多い。人と「人生」を比較するなんてはなはだ馬鹿げていることだが、もし馬鹿を承知で比較したとしても、他の人と「異なって」いても何か特別なことをしているとはやっぱり思わない。日本人なのにアメリカに住んでいるというのが特別なことならば、特別なのかもしれないが。

cf28b21d6412901388ac9b92e7153632_20150729032057932.jpg

「特別」では無いが変化に富んだな生活を送って来たのは、でも確かだ。結婚し、渡米し、チリへ行き、哲は仕事をやめて学生になり、私も学生となって二人で節約生活に乗りだし、仕事も無いのにワシントンDCへやって来て、哲は仕事を見つけ、そして今になった。仕事が落ち着くまでに数年かかり、順調と思っていた時に哲が倒れ、そして一年。やっと落ち着いたと思った頃にクルミを迎え、今度はクルミが生死をさまよいまた一年。そして今度こそやっと落ち着いたと思った時に、私は「自分」の生き方を考えるようになった。それは「変化」を必要としていたからなのだろう。

振り返ると、今までは何かに必死だったり、誰かを支えてあげたいと、真剣に「自分」を考えていなかったような気がする。

このままで良いのだろうか。この先、何を目指せば良いのだろうか。私は何がしたいのか。どうやって生きたいのか。どうしたら社会と関わって行けるのか。

     DSC05840 (375x500)

今の生活が大好きで、毎日幸せに満ち足りている。だからこそ、それに甘んじたくは無いと思った。
悶悶と考えること1か月、そして哲に心の内を打ち明けた。

「それは今の生活に満足していないってこと?」とやっぱり哲は聞いたがそうではない。満足しているからこそ、自分に残っている力を何かに活用したいと思ったのだ。

「したいこと」と「出来ること」は違う。頑張るのは得意だから頑張ることは出来るけれど、でも「したいこと」をしたいのだ。
「自分」を見つめ考え、可能性をいろいろと想像したが、どの道を取ってもその道を行っている自分は無理をしていて、自分を励まし頑張り続けなくてはならない道だった。

したいこと、、、、、何かを犠牲にしてもしたいこと、、、。そしてそれを犠牲とは思わないくらい欲しているもの。無理を無理と思わないこと。

そんな時、一本の道へ続く入口が目の前に現れた。

全てがまとまった。これならすべてを犠牲にしても「手に入れてしてみたい」と思えたものだった。そしてみんなが幸せになれると思った。未来が明るく輝いた。

哲!これだよ!

哲には迷いがあった。結婚してから何か大きな決断をする時はいつでも2人同じ考えだったから、一緒に頑張ることが出来てきた。意見と気持ちが食い違ったのは初めてのことだった。

20150708020853730.jpg

お互いに言い合ってもプラスの方向へは進まないから、お互いに1人で考え、数日後にまた相談することにした。私は「してみたい」気持でいっぱいになり、心も頭もそのことでぎっちりと詰まった日々だった。そんな時のフィラデルフィア旅行だったから、楽しむことが出来るだろうかとキャンセルすることも考えたが、その間にゆっくり話そうと言うことで、車に乗ったのだ。そして旅行中、何度かゆっくりと二人で会話した。

同じ気持ちを持っていたら、一緒に突き進むことが出来るのに、私1人では無理だと思った。もし、哲が賛同しなかったら、したいことでも諦めるしかない。哲が私と全く同じレベルの気持ちを持っていないのは見てとれた。だけど哲が言った。

思い出したんだよ。
あの時、病院にいたあの時、
「これからは幸子が幸せになることなら何でもしよう。」って思ったんだ。
だからその道を歩んでみよう。


19年前の大晦日、歳も暮れようとしている時に、もう寝ているパパを起こして来て、古い家のダイニングテーブルに座り、そして哲は水色のパジャマ姿のパパに真剣な顔で言った。

幸子さんと結婚させてください。
途上国に行くことがあるかもしれません。心配をかけるかもしれません。でも幸子さんを、、、、、


幸せにします。

パパは人の考えを寛大に受け入れることが出来る人だとは分かっていたが、その時も「はい、いいよ、いいよ」という感じで物足りないくらいにあっさり頷いてくれた。

あの時、哲はもちろん心から真剣に「幸子さんを幸せにします」と言ったと信じているが、でも結婚して19年が経った今、哲が私に向かって言った「幸子が幸せになることなら何でもしよう」と言った言葉には違う重みと気持ちがあり、普段だったらポロポロと涙する私なのに、驚きと共に心にストレートに来た言葉だったため、涙すらも出すことが出来ず、ただただ喉が詰まってしまった。

困難なほど 向かう道が 正しい証拠なんだ (槙原敬之 ALONE から抜粋)

だから、例え困難でも進んでみよう。

ところが、進みかけたその道は、自分達がどんなに頑張っても限りなく不可能だと言うことが分かり、方向転換をしなくてはならなかった。もちろんそう知った時は辛かった。でも頭と心を使ったこの2か月、何度も2人で「これからの人生」を考えることが出来たのは、二人の結婚生活の中で、大事な出来事だったと思う。それに、哲のあの言葉を聞けただけでも、2か月泣いたり悩んだりした甲斐があったと心から思えた。これからもこうして2人で相談し、2人の道を考えていくような夫婦でありたいと思った。

今日も「日常」が過ぎて行っている。日々を「常」にしたくないから、常に新しいことを考え目指していきたい。40になっても「自分が何をしたいのか。」がまだ分かり切っていない未熟な中年女で、いつになったら地に足ついて進んでいけるのかも分からないが、とにかく今は進むしかない。私の目標は天国に行く時に「あぁ、私が生まれて来た意味があった。HAPPY BIRTHDAY TO ME」と思えるようなことをすること。大きな大きな目標だが、叶えるために日々進む。

DSC01079 (500x375)


哲、私と一緒に悩み考えてくれてありがとう。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。