FC2ブログ

ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる。

小学生の私は、学校の友達に「おめでとう!」と言ってもらえないことを、心から残念に思っていた。これが8月生まれの宿命なのだ。それでもこの日だけは、佳世ちゃんとのりちゃんとジャンケンして買って来てくれたケーキを選ぶ順番を決めなくてよかったから特別な日ではあった。そして一番に選んでも、「あぁ、のりちゃんのが美味しそうだった」と後から後悔する年を、何度繰り返し大人になったことだろう。

大人になって誕生日は、もちろん「自分」を意識する日ではあるが、同時に「母」を意識する日ともなった。
どんな風にして産んでくれたんだろう、、。
体験してはいないものの、いかに出産、子育てが大変かと言うことを分かっているつもりだから、その体験を2回した後に、もう1回頑張ってくれたママには頭があがらない。

unnamed (281x500)

今日はお母さんの誕生日だ。お母さんは毎週火曜日恒例の麻雀に朝から出かけてしまう。だからその前に電話をする約束をしていたが、iPadの調子の悪さでようやくつながったのは「ああでもない、こうでもない」と15分ほど試した後だった。

幸子、つながったよ!
お母さん、お誕生日おめでとう。

おめでとうございますーー!
あぁ、ありがと、ありがと。
何だかiPadの調子がまだ悪くてね。美佐がいろいろしてくれたんだけどね。

誕生日のお祝いの言葉はさらりとどこかへ流れ、その後iPadの話となり、そして、一時的に家に戻って来ていたお父さんの話になり、これから行く麻雀の会の話になった。こうした一通りの「旬」の話題が落ち着いた時、お母さんが言った。

あのね、お母さんはこの70の誕生日、ほっんとうに嬉しいんだよ。特別なんだよ
そして鼻声になって、
60まで生きられれば良いと思っていたのに、こうして70代という年齢に達して。
本当に嬉しくてね。これからも頑張って生きるよ!


電話の冒頭の「おめでとう」に案外素っ気ない返答が帰って来たのは、最初にその話をしたら泣いてしまうからだったのだろうか。

201503162150125ef.jpg

あぁ、どうしてここに画面があるのだろう。距離感を全く感じさせないフェイスタイムでも、もちろんその間には何千キロという見えない距離があり、こんな時にお母さんをギュッと抱きしめてあげることが出来ないのがもどかしい。この日を息子である哲に、どんなにじかにお祝いしてもらいたかっただろう。そう思うと胸が苦しくなった。

大きな成功を成し遂げたり、誰かに認められるような業績を残したり、「生きて来た証」を華々しく残している人はたくさんいて、そんな人々を見ると「すごい人生だなぁ、、」と感心する。でも「生きる」という本質を一生懸命に頑張り、そして「生きている証」を見せてくれているのがお母さんだと思った。

ある日「おぎゃー」と生まれその日から、「命」を授かった私達の一番の仕事は「生きる」ことお母さんは生きている。

お母さん、今日は肌艶が良い!顔が艶々していますね!
出かけるためにお化粧してるからじゃない?
艶々のほっぺたに真っ赤な口紅。70になったお母さんが笑っている。

「一生懸命に生きている」お母さんを見て私達も幸せになる。人が生きると言うことは、それ自体で人に幸せをあげることが出来ることなんだ。
哲が命を失いかけた時(←クリック)、寝たきりでも生きていてくれたらそれだけで幸せだと思えたことを思いだした。

お母さんは大丈夫!元気でいるからね!だから4人も元気でいようね!ハルもクルミも頑張るんだよ!

生きていればまた会えるから。

それがお母さんの口癖でもある。あの時、哲が頑張ってくれて良かった。
お母さんは哲に会いたいから生きているのかもしれない。この画面が無かったら、哲の背中をどんと押して、今、お母さんの真向かいに座らせてあげたい。

お母さん、古希のお誕生日、本当におめでたいです。
「60まで生きられたら儲けもの!」と思っていたお母さん(←クリック)引き続き儲けに儲けまくってください。

ねぇ、哲、お母さん、昨日の麻雀勝ったかな?儲けたかな?

私の今年の誕生日は今までとは違う意味を持ちそうだ。「生きる」「生きている」ことを意識してみよう。

自分の写真を見て「あぁ、もう顔面アップは駄目だね。やだよ。」と言っていたお母さんだが、良い笑顔だと息子と娘が思うので、おめでたいこの日にもう一度。

20150316215012561.jpg

おめでたい嬉しい顔を!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。