FC2ブログ

ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7分の1。

あ、ハルちゃん、カメラ忘れちゃった!
と、言えば「そりゃ大変だ!」とばかりに家に戻る。

行きたい方向と違う方向に歩こうとするハル。拾ったばかりのハルが落とした物をかざして「ハルちゃん、これ捨てなくちゃならないから」と言うと、ゴミ箱の方へすんなり歩き、そして捨てた後は元の方向へ戻る。

あのね、ハルちゃん、お水飲んでいるけれど念のために言っておくとこれからお留守番だからね。
と言えば、「え??!!」という顔をしてこちらを見、そしてお水を飲むのをやめる。

「ハルちゃん、行く前に行った通り、今日は郵便局に行くんだよ。」と言うと、「そうだったそうだった」と郵便局の道へと向かう。

ハルちゃん、そっちはぬかるんでいてバッチバッチだから、駄目よ。
と言えば、「あ、ほんとだ」とばかりに泥を上手に避ける。

最初は「ハル」という名前も分からず、「SIT」「WAIT」「STAY」なんて言う基本的な単語も知らなかったハルが、今は私と会話する。
そうだよね、7年間、ずっとずっとハルに話しかけてきたからね。ハルは何でも分かるよね。

10057755956_s.jpg

シェルターで一番端っこのケイジに入れられ、コンクリートの床にちんまりと座ったいた小さな犬を見に行ったのはもう7年前になるらしい。近寄っても尻尾を振る訳でも無く、ただの「可愛い犬」だったPUCHYだったが、何となく惹かれるものがあり申請を入れた。そしてその後、哲に見に行ってもらった。哲も「素っ気ない犬」と思い、この時にはコネクションを感じなかった。そんなPUCHYだった。

10057679883_s.jpg

犬を飼うと決めてから何匹かの犬に申請を入れたが運が無く、そしてやっとこの小さなPUCHYに巡り会えた。PUCHYは見知らぬ人の車に乗せらせて、そして見知らぬ人の家に到着した。二階への階段を登ることも出来ず、抱きかかえて家に入れた。そして、到着した家で、クレイトを作るおじさんを見守っていた。

冷たい床が嫌いで、どんなに暑い夏の日でもカーペットの上でしか眠れないこの犬が、あの時はシェルターの冷たいコンクリートの床で過ごさなくてはならなかったのだ。その様子を想像しては何度鼻の奥をツーンとさせたことだろう。

当時私は心身ともに病み、極度に痩せていた。何をするにもエネルギーが無く、二階に位置するアパートへの階段も、最初の日のPUCHYのように登ることが出来ず、頑張って登っては息切れするような日々だった。重たい掃除機を持つことも、そしてベッドカバーを1人で替えることも出来なかった。自分の面倒も看るのが精一杯の7年前だった。

私が一番苦しんでいた時にPUCHYはやって来た。哲の他に、唯一弱い私を見て知っている子がハルなのだ。誰に会うのも疲れてしまい、引きこもりがちだったあの時の私はハルと歩くことが唯一の外出で、ハルと話しては誰かと話しているつもりになっていた。

雨の日も、風の日も、雪の日も、暑い日も、あの子を散歩に連れて行かなくてはならず、「頑張れ!」と自分を励ましては毎日毎日ハルと歩いた。

ハルと歩くようになって犬を連れた人と話すようになり、そしてハルと歩くようになって外に出るのが気持ちよく感じるようになり、ハルと歩くようになって見えなかったものが見えて来た。あぁ、春はこんなお花が咲くんだ。あぁ、夏にはセミがこんなにうるさいんだ。今振り返ると、気付かぬうちに、ゆっくりゆっくりじわじわと、私の体と心は上向きになっていた。

私の人生のうちのたった6分の1である7年というと短い年月だが、このハルとの7年はその前まで過ごして来た7分の6の人生とは全く違う色を持ち、そして宝物のような7年だった。

心身共に強くなれたのは温かく忍耐強く見守ってくれた哲、そして苦しい時には支えてくれた家族や友達のお蔭だが、でもハル無しには今の私がいないと言っても良いほど、ハルは私の「今の」人生を作り上げてくれた。


DSC02105 (500x375)

今日はハルのうちの子記念日。当時1歳と推定されたハルは今日で推定8歳になる。
ハル、おめでとう。
ハル、ありがとう。




DSC01922 (500x375)

そんなハルの今年のうちの子記念日は、ハルの成長を証明るすかのように雨となった。
かぁちゃん、きょうはあめあめだよ。
そうよ、雨雨よ。でも頑張らないと駄目なのよ!
うん、がんばってするよ!

7年前、雨が少しでも降ると用を足せず、私と哲は何度苦労したことか。今では雨でも外に出、きちんと用を足せるどころか、もっともっと歩こうとばかりに先を行く。
ハル、成長したね。

雨の日だって楽しめるお散歩、雨続きの日だって楽しまなくてはならない人生。
ハル、教えてくれてありがとう。


ハルのことを思いながら過ごした日、重たい掃除機をかけることの出来る自分、ベッドのシーツを1人で取り換えることの出来る自分、長いお散歩の後にもキッチンに立ち続けることの出来る。

DSC01959 (500x373)

そうだ、今のうちにハルの夜ご飯を早目に準備しておこう。自分のボウルの音で「もうご飯だ」と勘違いしないように、ボウルの下に布巾を敷いて音がしないようにハルとの7年を思い起こしながら準備していた時、ふと振り返るとキッチンの境界線に白い小さな犬ぽつんと座っていた。PUCHY。コンクリートの床の上にぽつんと座っていたあのPUCHY。

ハルは私達の生活リズムを知っているから一定の時間にならないとご飯を待つことはしないのだが、どうしたと言うのだろう。ハルのご飯を涙腺を緩めながら用意していた母を感じたのだろうか。ついには私の心も読めるようになったのか。

ハルちゃん、まだだよ。ネンネだよ。
その言葉を聞いて、ハルはベッドに戻って行く。

ハルちゃん、このお家に来てくれてかぁちゃんを強くしてくれてありがとね。。
ハルと歩いた距離は約10200キロ。日本の周囲は約19000キロらしい。少なくとも日本一周はしなくちゃね!
さぁ、雨の中、レッツGO~!

一雨ごとに春が来る。

10057755960_s.jpg

今年で7回目になる桜をハルと楽しむ日も近いだろう。


一年前もやはり同じ気持ちを持ち、そしてこんなことを書いていました。(←クリック

もう一つのブログ、「ハル兄 と クルミちん」、 毎日更新しております♪宜しかったら こちら から♪

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。