FC2ブログ

ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真美子ちゃん。

DSC08883 (500x375)


多くのコンサートやライブに足を運んだことはあるけれど、彼女の演奏は何かが違う。情熱的にジャズを激しく奏でたあのHIROMI(←クリック)とは全く違う。

生活はで溢れている。耳を澄ませば何かしらの音が耳に入って来る。例え音がなかったとしても、それぞれの出来事には音があるようにも思う。ドラマや映画の効果音のように、その場を盛り上げるような音楽がいつでも奏でられているような気がする。

20140925195737baa.jpg

ハルとクルミを手にする散歩で青い空を首が痛くなるほど反り見上げては「あぁ、今日もなんて綺麗な空と雲なんだろう。」とため息ながらに呟く。毎日日記を書いている私は「今日も綺麗な空♪」と書く。

本当はプログラムに載せていないのですが、この曲を今日はどうしても演奏したかったのです。
ワシントンDCに到着した日はとてもきれいな空でした。真っ青な空に雲が流れていました。私のピアノダイアリーの中で「雲」という曲があるのです。人の人生も雲のように流れ消えて行くのかな、、なんてことを思って書いた曲です。聴いてください。


彼女は私が「綺麗♪」としか言えない空からこれだけの音符を生み出すことが出来るのだ。会場に登場した時に華奢な体を見て「まぁ、なんて可愛らしい子」と思った彼女の細い腕と綺麗な白魚のような指からは、「雲」がきれいに浮かぶ「空」が目の前に飛び出してくるような音が生み出される。冗談のような私の日記だが、それでも毎日日記を書いているから、何かを見ると私の頭にはいつも「言葉」が浮かんでくる。彼女は何かを見ると、そして体験すると言葉の代わりに「音符」が浮かんでくるのだろう。なんていう才能だろうか。

目を時折細めたり、見開いたりしながら、1つ1つの言葉をゆっくりと、そしてたどたどしい口ぶりで話す彼女からこんな音が出るなんて想像もしていなかった。今まで私がいろいろな意味で感動した他のアーティストと彼女が何が違うのか。それは誰もが感じるような出来事や体験を、音にして表現してくれているということだった。だから、すんなりと自分もその音に包まれて、「あぁ、そうそう、あのことね。あんな空ね。」と共感できることだった。びっくりするような「事件」ではなくて、普段何気なく思ったり、考えたりすることを。いつも耳にする風の音、鳥の鳴き声、虫の声、食器を洗う音、水を流す音、時には二階から聞こえてくるアイーダちゃんの足音(←クリック)のようなものまでも。亡き勘九郎さんのドキュメンタリードラマの音楽を彼女が担当したと言っていた。寝る時とトイレにいる時以外は全て撮影して良いと許可を出して20年間貯めたフィルムらしい。彼女が担当したのがとても分かる。生活の音。

maxresdefault (500x444)

彼女、平井真美子さんの演奏は私をすっぽりと包んでくれた。私の体も一緒に彼女の世界に受けいれてくれた。HIROMIの演奏は私に力をくれたが、時には力を奪われる。でも彼女の演奏は力なくして聴くことが出来た。

s4594539 (366x363)

笑うとさらに可愛くとがる顎と三日月のような目が印象的な真美子ちゃん。数々の映画やドラマ、そしてCMの音楽を作り世界に活躍するすごい人なのだろうが、姪っ子を見守るような気持にさせる可愛さが彼女の魅力だと思った。

(と、思ったら、私と5歳しか違わなかった!!)



ランキングに参加しています!
応援頂けたら嬉しいです!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。