FC2ブログ

ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMPLETE

映画は滅多に観ない。大好きな映画ビリーエリオットを50回観たのは、家で一人で過ごすことが多かったチリにいたからだろう。だから台詞はほとんど覚えている。でも2回しか観ていない映画なのに、ある台詞が強く印象に残っていて、ことあるごとに思い出す映画がある。それは1996年、トムクルーズ主演のJerry Maguire(ジェリー マグワイヤー)。台詞は、、


YOU COMPLETE ME。





この言葉を聞いた時、衝撃が走るほど胸に来た。なんて端的で、なんて強い言葉なんだろう。人間誰もが完全ではない。でも、その不完全な部分を埋めるように人に助けられ、助け合い、手を取りあって生きて行き、不完全な自分がCOMPLETE(完全化される)される。

10057748022 (450x338)

哲と出会い私はCOMPLETEした。でもそうでは無かった。それに気づいたのは結婚して11年目。二人にハルがやって来た時だ。ハルが来たその日から、もうハル無しでの生活は考えられないくらい、ハルは2人をCOMPLETEしてくれた。おばあちゃんが亡くなるまで生まれてからずっと6人家族だった私は、心のどこかで家族は「6人」と思っていたが、やっと「3人家族」が自分の家族になったように思った時だった。そう、これからずっと3人で。

10057748843 (450x338)

もうこの家族に欠けている物などないと思っていた。もちろん犬であるハルは親不孝なことに親よりも先に旅立ってしまうけれどその事実には気づかぬふりをし、「今のまま、このままで」生きて行くのだろうと、未来を予測し描いていた。

私達は今までいろいろな犬を家族候補として、そしてゲストとして我が家に迎え入れて来た。どの場合もどんなに可愛い子だろうと、その子との未来をなぜか見ることが出来なかった。その度に、やっぱり我が家は3人家族なんだ、と確認していた。

DSC01821 (450x338)

TRUVYがクルミになった。クルミが来た。ゲストとしてでは無く、家族として来た。過度の人間恐怖症のクルミ(←クリック)は来るなり体調を崩し、病院に連れて行き上部気管支炎を起こしていることが分かった。咳と嘔吐を繰り返し、家の掃除を頻繁にしなくてはならなくなり、治療代もかかり、普通に考えたら「こんな大変な子を!」と思うだろう。きっと他の人がTRUVYを我が子として迎え入れ、その家族に同じことが起きたなら、TRUVYのことも、そしてその家族のことも私は気の毒に思うかもしれない。
シェルターのスタッフ、エイミーが可愛いビーグルミックスを我が子にしたのは数年前。その子はおしっこトレーニングもなかなかできず、性格的にもとても難しい子だった。その様子を聞いて「大変だね。」と言ったら、「私がこの子を家族にしてよかったって思っているの。他の人だったらきっと諦めていると思う。」その言葉を聞いて、GIVEがTAKEより大きくても、幸せを感じることが出来るのが家族なんだろう、、と思った。

クルミの顔を腕に乗せながら、私も今、エイミーと同じように「私達がこの子を引き取って本当に良かった」と思う。それはいろいろな人がいる中で、自分達でないと諦めてしまう人がいるかもしれないという意味だけでは無い。不思議なことにクルミが家族となった瞬間から、私の中の家族は6から3へ、そして3から「4」という数字に変わった。クルミを中心に古い家族がみんなで頑張れる。クルミのお蔭でさらに「家族」を感じることが出来る。絶対にクルミを元気にしてみせる!と私も哲も、そしてハルでさえも思っているように感じる。

KURUMI  COMPLETES US。

クルミが私達をCOMPLETEさせ、結束させてくれた。
クルミ、クルミはもうこの家族にとっては無くてはならないメンバーなんだから、元気になるんだよ!

DSC01926 (450x322)

家族になって1週間、クルミは自分がクルミだと分かり、そして哲が家にいつか帰ってくる愛しい人だと覚え玄関で待つ。夢を見て尻尾を振り、ハルにキスする。子供を産み、その子たちと別れなくてはならなかったクルミも、知らない2人と一匹が加わって「クルミ」としてCOMPLETEしてくれ始めたのだろうか。

誰もが完全でないからこそ、家族、そして友達がいるのだろう。だから、クルミが来たのだろう。

スポンサーサイト

COMMENT

●私も...

あのシーンは心に響きました。何て簡潔な愛の言葉だろう、と。 手話での会話も Jerryの一言も胸に焼きついています。
ハル日記で”complete”というリンクを見て、あの台詞だと思いました。

You complete me.
今の私にはChuyかな。
そう思える出会いが出来たことに感謝したいですね。

●CHUYママさんへ。

CHUYママさん、

こんにちは。
ハル日記からこちらのブログにも来てくださり、コメントを残して下さってどうもありがとうございます!
CHUYママさんもあのシーンが胸に響いたのですね。
とっても端的で素敵な告白でしたよね。
エレベーターの中での手話の様子も覚えています。

CHUYママさんをCOMPLETEさせてくれたのはCHUYちゃん。
嬉しい出会いでしたね。
きっとCHUYちゃんもCOMPLETEしたのでしょうね。

ありがとうございました!

SACHIKO

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。