ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみの幸せ。

物は近くにありすぎると見えないものだがそれは幸せも同じだろう。その中にいると感じることは出来ない。いわゆる「幸せ」な時が過ぎその「幸せ」を失って振り返った時に、やっと有難味が分かるものなのだ。でも、そもそも幸せとは一体何なのだろうか。不自由なく生活できる環境、温かい家、人から受ける愛、家族の平和。「幸せ」という言葉から受けるイメージは私の中ではピンクや赤、暖色系で、それをイメージしようとすると靄がかかったようなほわ~んとした画像になる。そう、それが幸せだよね。温かくほわ~ん。

1

その中にいると幸せを感じることが出来ない一方で、悲しみはその中にいると分かりたくないのに身体全部でそれを敏感に受取ってしまう。幸せは過ぎた時に「あぁ、あの時は幸せだったのに」とその時に幸せを感じなかったことを後で悔やむ一方で、悲しみの良さは過ぎた時に「あぁ、あの時は辛かったけれど乗り切れたね」を感謝出来ることだ。だから幸せも悲しみもどちらも良いことと悪いことを兼ね備えている、本当は同じものなのかもしれない。

一般的に温かくほわ~んなイメージを持つ幸せはだが、何を「幸せ」とするか、それは人それぞれなのだろう。旅行をすることかもしれない。平和な生活なのかもしれない。健康であることかもしれない。美味しいものを口にした時なのかもしれない。私もそれらの時にあぁ、、幸せ~と良く呟く。でも今回は「それらの時」ではなかった。

あぁ、、辛いけど幸せ。哲、幸せを感じるよ。

年末から年始にかけて辛く哀しいことが起こった。自分が辛い思いをしているのであれば自分をコントロールすれば良いからまだ我慢できるのだが、その「悲しみ」は大事な家族の一員の「悲しみ」だった。だから一体どれだけ辛い思いをしているのだろう、、と想像すると、想像力豊かな私の妄想は広がり、とめどもなく可哀想になってしまう。そしてその悲しみはもともと本人が持っている悲しみに余計な想像を付け加え巨大化する。
替われるものならば替わってあげたい。
幸せが人に波及するのと同様に、悲しみももちろん人に波及し一緒に悩むことになる。でもそれが家族の良さなのだろう。1人では無く一緒に悩める。一緒に頑張ろう。

出来事が起きた数日は、何をしていてもそのことで頭がいっぱいになり、眠れぬ夜もあった。そんな辛い時だったのになぜか私は悲しみと同時に深い幸せを感じたのだ。

あぁ、この辛い時を一緒に乗り越える相手が哲で良かった。
哲とだったら乗り越えられる。
こういう辛い時期を、頑張ってくれる哲で良かった。


辛い時こそ、人はその人となりが出ると思う。そして辛い時にも地道に頑張る哲だからこそ、一緒に頑張ろうと言う気持ちになれる。哲の小さな目を見ればどれだけ辛い思いをしているのかは分かる。これが自分だったら鼻と目を真っ赤にし、毎日泣きじゃくっているだろう。そんな辛い日々を哲はぐっと気持ちをこらえて踏ん張っている。
踏ん張り過ぎたら駄目だよ。辛い時は諦めたって良いんだよ。
そう哲に言いながらお互いに励まし合いながら日々は過ぎて行った。

そして小さな光が見えて来た。

人生チャンレンジが無いとつまらないよ。変化のある生活、チャレンジのある生活で良かったね。
夜、テレビを観ながらソファに横になっている哲の頭を叩き、そう呟いた。

悲しみはその時辛くとも、振り返った時、乗り越えられたことを幸せに思える。まだ余裕を持って「振り返る」時点には達していないが、悲しみの中でも幸せを感じることが出来たことに、幸せを感じた。

幸せとは一体何なのだろうか。不自由なく生活できる環境、温かい家、人から受ける愛、家族の平和。
うううん、それだけでは無い。幸せはどんな所にもあるのかもしれない。悲しみの中にも。

応援をどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

金メダル。

体操で金メダルを取った内村選手の奥さんが、こうちゃんはオリンピックに行く時もいつもと同じように「いってきまーす!」と普通に出て行ったんですよ、と取材で述べていた。そんな大事な日、私だったらどのように見送るのだろう。

あ!!そうだ!!明日はあのポロシャツを着て哲を見送ろう!

DSCN2722.jpg

あのポロシャツとは震災の時にラルフローレンが寄付のために作った日の丸のワッペンが胸に付いているポロシャツだ。
そうだよ、哲はアメリカで頑張る日本代表だもの。
我ながら良いことを思いついたと1人盛り上がり、ポロシャツをクローゼットの奥から引っ張り出して準備していた私だったが、ふと、、
あ、もしかして、私の気合が哲に伝わって、プレッシャーになったら良くないかな、、
と考えに考えて踏みとどまった。そんな自分に心の中で「よく踏みとどまった!グッドジョブ!」と言った。そう、普通に、普通に、普通に見送らなくちゃ。

哲がテレビに出ることになったのは数日前に分かっていた。その時は意外と普通に受け止め、気軽に行こうよという気分で私も構えていた。だが、いざその日を明日に控えるとやはり興奮してきてしまった。そんな私に明日はお弁当を作って欲しいと哲が言った。
うわぁ、こんな時に限って、なんにも冷蔵庫にないし、、、
でも、何とかお弁当らしきものを用意した。

26 (500x375)


入試などと違って昼休み中に食べ、その後も試験があるのなら入れるものを入念に考え、お腹に優しい物を作るよう気をつかうのだが、今回は放映が終わった後だ。その分、気は楽だ。でもだからこそ、何か豪華なものを入れてあげたかった。

44 (500x375)

お弁当を手渡す時に内村選手の奥さんを見習い普通に「行ってらしゃい!」と言い、でも「頑張ってね。大丈夫だよ。」と付け足した。力の入った笑顔は、いつもより長く振り返ってこちらを見ている哲の背中を叩く気持ちだった。

それは前の晩のこと。
哲、明日の放映、ライブで観なくても良い?怖いから。
いいよ。
そんな会話をやりとりした昨日だったが、哲の一世一代の舞台を生で観なくて妻として良いのか、、と思い直し、朝、
哲、やっぱり生で観るから。
うん、そうだね。
だから、テレビの付け方教えてくれる?すぐに見れるようにセッティングしておいてくれる?
分かった。

普段テレビを観ないから、4つもあるリモコンのどのボタンのPOWERの文字がテレビにつながっているのかも分からない。
これを押して、これを押して、これ。
これ押して、これ押して、これね。うん、分かった。

13987652_10155084542775961_8404244594144858054_o (500x281)

9時45分。哲からメッセージが入った。
緊張するねー。
大丈夫だよ。いつも患者さんと話していると自己暗示して。
大きな声で話した方が緊張しないよ。
幸子の背中にしていると思って。昨日の夜と同じだよ。

そして哲からは親指を出す絵文字マークが送られて来た。

そんなやり取りをした後、10時になる前にテレビをつけようと思ったらつかない!
慌てて出演間近の哲に「哲!!テレビがつかない!」と駄目妻はメッセージを送った。もちろんもう哲はメッセージを見ているような状態ではないのだろう。返事は無かった。
いろいろなボタンを押し、押し、押し、、、
ついた!!
あぁ、、良かった~。

そして、ソファに座り、哲の出演を待った。

DSC06380 (500x375)

哲が出て来た。テレビの画面に哲を見、そして会話を振られて話している哲の姿を見た時、
なんて立派になったんだろう、、、
とテキサス時代の哲を思い出し、涙が出て来た。

赤いリュックを背負って自転車に乗って学校に通っていた哲。
節約のためにみんなが美味しそうなサンドウィッチやハンバーガーを買っていても3年間ほぼ一度も買ったことはなく、毎日お弁当を持って行ってもらっていた。小さな小さなお弁当箱で、今はおにぎりお弁当にする時に使っているものだった。
哲が国家試験を受ける日、あの日もお弁当を作った。お腹を壊してはいけないと、きっと気を使ったものを詰めたのだと思う。(←クリック
あの時の哲が今は白衣を着てテレビに出ている。同じようにお弁当を持って行って。


そして5~6分のコーナーは無事に終わった。哲は落ち着いていた。「お疲れ様!とっても良かった!!!」とすぐにメッセージを送った。
疲れたことだろう。哲を知らない人にとってはテレビの単なる1コーナーに出ている人として流して観るのかもしれないが、私にとってはそれは光り輝く人、光り輝く1コーナーだった。日本人としてアメリカで頑張って来た哲のご褒美のように感じた。しばらく私は放心状態だった。

その30分後、お弁当を手に持った哲が帰ってきた。どうやら食べる場所が無く家で食べることにしたらしい。
蓋で潰れてしまったお弁当を嬉しそうに見、そして嬉しそうに美味しそうに食べている哲を目の前に、

あのね、本当は日本の国旗の付いているあのポロシャツで見送ろうと思ったの。でも気合入れ過ぎかな、、と思ってやめたんだよ。
あはは。

哲がオリンピックの選手では無くて良かった。私の器量ではとても無理だ。でも哲には金メダルをあげよう。「元気が無くなったらこのビデオを見れば良い。これで長生きできるよ。ありがとう!」とお母さんに言わせた哲に金メダル。

哲、お疲れ様でした。
今、人生で一番嬉しかった時は?と聞かれたら(←クリック)、この日をあげるのかもしれない。


応援をどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

二度目のはじめまして。

あ、またあの人。
昼間に犬を歩かせて、仕事は何をしているんだろう。あ、ドッグウォーカーなのかな。そう言えば、以前は違う犬を連れていたような気がするし。


一週間に何度か見かける人がいる。インドア派的な細い男性だ。歩き方に特徴がある。少し猫背でゆっくり歩幅を保って歩くのだ。いつも見かけるのにその存在感は薄く、人の顔や犬を覚えるのが得意な私でも、その人の顔と犬はなぜかひとまとめの雰囲気でしか記憶しておらず、犬がどんな犬種だかも分からないくらいだ。敷地内でしか犬を連れているのを見たことがないから、やっぱりドッグウォーカーなのかもしれない。初めてその人をみかけた時に、軽く挨拶をした記憶があるが、それ以来、何度見てもあちらから近づいて来る様子も無いから、あまり人と話すのが好きではないのだろう、、と私の方から存在を消していた。


      20160612_190428 (323x500)

さちこ!ほら!
夕方の散歩から帰って来た哲がキッチンで後片付けをしていた私の目の前に携帯を差し出した。そこには犬の写真。
????
ペイズリーのパピーだよ!
えーーーー!ここに住んでるの?いいなぁ、会いたかった~。
それがね、ほら、あのいつも犬を連れていたドッグウォーカーみたいな人いたでしょ、あの人の犬なんだよ!
前飼っていた犬が死んじゃって、寂しくてアダプトしたんだって!
どうやら、前の犬は他の犬が嫌いな犬だったから、俺達のことを知っていたけど、話しかけることが出来なかったらしいよ。

え~、そうなの??!!


20160523194944aae.jpg

ペイズリーはつい最近、シェルターで11匹の子犬を産んだ犬だ。とても可愛く私は心底愛していた。

最初にその人に会ってからおそらく5年ほどは経っているだろう。その5年間、ずっと「影が薄い人」「あまり私達と関わりたくない人」という認識だったから、何だかその人と哲が話したなんて想像が出来なかった。

前の犬がそんなだったから、今は、犬を連れて人と話すのが嬉しいみたいだったよ。
そうなんだぁ。

それからと言うもの、夕方の最後の散歩の時間が重なるらしく、ペイズリーのパピー、フィービーと哲は毎日会うようになっていた。そして、私もとうとうその人と会うチャンスを得た。

20160622031906307.jpg

今まで最初の挨拶をして以来言葉を交わしたことのないのだから、なんだかこちらが緊張する。二度目のはじめましてだ。フィービーをとても可愛がっている様子、そして柔らかな話し方。あぁ、こんな人だったんだぁ。
今まで申し訳なくも「怪しい人」というレッテルを貼っていたが、それは全て「自分の犬」のためだったのだ。なんて幸せな犬だったんだろう。飼い主が自分を隠してまでも守ってくれようとしたなんて。

あぁ、フィービー、こんな人の家族になれて良かったね。

フィービーの成長の様子をこれから見ることが出来、そしてずっと知っていた人を初めて知ることが出来、嬉しくなった。

でも、やはり5年持ち続けていたイメージを拭うのはなかなか難しく、未だに「本当に本当にあの人かな?」と哲にしつこく問いてしまう。

      2016062808243344e.jpg

ところで自分達は犬のお蔭でどんな風に見えているのだろう。


応援をどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

期限。

日曜日の午後のこと。無料視聴期間に哲が撮っていたNHKの番組を観ることにした。

12990975_1313834471976548_4323373364701550844_n (313x395)
(画像はNHKのフェイスブックよりお借りしています)
番組のテーマは「杉原千畝」についてだった。つい数か月前、DCで行われたフィルムフェスティバルに唐沢寿明演じる映画「スギハラチウネ」が放映されたが、私は彼を知らなかった。「良かったですよ~。あんな人がいたなんてって感動しましたよ!」と映画を観た友人が興奮した調子で話してくれたのを何となく聞いて、そんなにすごい人なんだ、、、とただ受け止め、その後、彼のことを調べる訳でも無く、薄い記憶として残していた。

pakkun.jpg

頭の片隅にあった「スギハラチウネ」という名前が、この番組のお蔭で「杉原千畝」となり、友人が言っていた「あんな人」「どんな人」なのかやっと分かった。番組のお蔭で彼のことを知ったのも「良かったこと」だったが、それと同じくらい、いやそれよりも「気づかせてもらって良かった」と思ったのは、日本語が流ちょうなアメリカ人コメンテイターが言った言葉だった。彼は杉原千畝が本当はアメリカに留学したいのにスペインに行かされた話を聞いて、「スペインでの数年間、彼は期限付きだから必死に頑張れたんでしょうね」と言ったのだ。

そう、期限は大事な要素なのだ。

普段の生活では「時間」がとめどなく流れ、この「時間」は永遠に続くと勘違いしてしまいそうになる。そんな永遠に続きそうな「時間」にも「期限」があることを認識するのは大事ことなのだ。あの時、テキサスで哲が3年、必死に勉強を頑張り、超節約生活を楽しむことが出来たのも「期限がある」と思っていたからだろう。あの勉強とあの生活がもし先の見えないものだったなら、あれだけの力を出せず、そして精神的にも辛かったことだろう。

「永遠」という言葉は辞書には存在するが、「永遠」なんてものはこの世にはあり得ない。どんなものにも「期限」はある。

DSC02337 (500x375)

一時帰国の日程が決まった。決まるとなると家族との時間、友人との時間をどのように使うか考えるのが楽しみとなる。今回の帰国期間は16日間。まず、お墓参りの日程を決め、家族に都合を聞き、そしてその後友人へと連絡する。そして、家族や友人に帰国の日程を伝えると、毎日誰かしらから連絡をもらい、そして毎日ペンを持ち、ピンクの手帳の7月を開く。見開きの7月の欄に書き込み、一つ一つの升を文字で埋めて行く。もうすでに書き込まれていた升に、もう一つ、うううん、欲張ってもう一つ、、と加えて行く。
午前はお墓参り、お昼を食べて、午後はあの方とお茶をし、夕方からあの方、、、。その次の日はあそこに行って、あれをして、その後あの子に会って、、。

こうして帰国までの間、16日という期限のある限られた日程をいかに有効に使うかに頭を使う。限られた時間にどれだけの家族や大切な友人と会うことが出来るか。帰国は、帰国前のこの計画が、いかにその「帰国」を意味のあるもの、充実したものにするかに関わる鍵となる。

自分の生き方をここ何か月か考えていた私は、ピンクの手帳を手にしながらふと思った。

16日間という時間と日々過ごしている時間は何が違うと言うのだろう。

どちらも「人生」の中の貴重な時間に変わりはない。人生が「永遠」に続くとはもちろん思っていないが、期限を感じず生活している今、私は時間を無駄に過ごしているのではないだろうか。日本帰国の日程の単位は「日にち」だが、人生の単位は「年」だ。だからと言って、永遠では無い。より充実した人生を過ごすためには帰国時のように、スケジュールを組まなくてはならないのではないだろうか。
手帳を開き7月12日の升を見る。予定が3つ入っている。こうような充実した時間を、どうして年単位の人生にも取り入れないのだろうか。

1日で3つのことをこなすのは難しいが、1年という長く思われるスパンで3つのことをこなすことは簡単なように思える。でも、長いスパンだからこと、それがなかなか難しいのだ。3つのことは何でも良い。楽しいことであればなおさら良い。あの場所に行こう。あの人に会おう。こんな新しいことをしてみよう。何か3つ。

計画をしないとただただ時間は流れるばかり。人生の計画を練り、人生をワクワクするようなことで埋め尽くそう。

そう思ってもう数日が経っているというのに、まだ私は昨日と同じ生活をし、昨日と同じ心でただ焦る。

哲、さちこの将来を焦らず見守っててね。
夕飯時にぽつりと呟いた。

いつも見守っているよ。
笑って哲が呟いた。

応援をどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ときめき。

すっきりとした生活をしたくてそんな生活をしている人を見ると心から憧れるのに、「すっきり」とは180度違うライフスタイルを送っている。「物好き」な私は、とにかく「物」が多いのだ。

アメリカはウォーキングクローゼットなる便利な収納場所があるから、基本的に衣替えはいらないはずだ。それなのに、日本にいる時同様に年に二度、毎年ムシューダを手に衣替えをする。クローゼットに納まりきれない服たちはベッドの下の収納ケースや、ゲストルームのクローゼットに隠される。こうして毎年衣替えをする度に、多すぎる物を見て気分が悪くなる。なぜ、こんなに服が多いのか。

真っ白なシャツにジーンズを自分の「服装」にしている人がいた。質の良い白いシャツを何枚か揃え、それに質の良いジーンズを何本か持ち、毎日毎日その服装をしていれば、周りの人も「同じ服を着ている不潔な人」とは思わずにむしろ、「お洒落な人」「こだわりのある人」と思うだろう。それに本人は何より、毎朝悩まなくて済む。
小学生、中学生、高校生の時は制服があって楽だった。でも、大学に入り、毎日違う服を着て「その服可愛いね」なんて言われるのも嬉しいから、服は増えていくのだろう。私が自分に毎日着る「制服」を用意してあげるとしたら、何を選ぶだろうか。選べないからこんなにたくさんの服があるのだろう。

数年前に断捨離という言葉を初めて知った。狭い日本では何か流行ると瞬く間にその流行は縦断するから、海外にいる私の耳にも誰かしらを通して「断捨離」という言葉は渡って来た。

物を片づけたり捨てると言うのは心地良いものだ。分かっているが難しい。先日DCを訪れた友達が「断捨離」について話していた。
「全ての服を集めて、一枚一枚手に取り、ときめくかときめかないかで捨てるものを捨てないものを決めるんだよ。」と言っていた。そしてその言葉を聞いた私は早速ウォーキングクローゼットに入り、一枚一枚服を手に取る。

ときめかない
ときめかない
これもときめかない
これも、、
これも、、、、


たくさんある服の中でときめく服は数枚だった。
それなら、なぜ、それらを捨てることが出来ないのだろう。

問題点を考えた。ときめかない服たちは10年前はときめいて買った服なのだ。そして、よそ行きとして買った服は、「よそ行き」用だから、お洒落をしたいと思う時にしか着てもらえない。別に高級な服という訳では無く、「これはよそ行き」と思って買ってしまった服なのだ。もう流行遅れでときめきも失われてしまった服ならばランクを下げ普段着にして、とことん着てサヨナラすれば良いではないか。ヘロヘロになったTシャツを普段着に着るよりよっぽど良いと思うのだが、、、

それが出来ない。

だって、これはよそ行き用。

最近になってこの考えが服を増やさせていることに気付いた。それ以来、よそ行きだったものを努力して普段着に着るようにし、疲れさせ、人生ならぬ「服生」を全うさせてあげようと試みる。

あぁ、何かを捨てるって難しい。決断するって本当に難しい。

そして、ここ数週間、私は毎日用も無いのにクローゼットに行き、服を手にとっては考える。
これは断捨離か。よそ行きから普段着にするか。うーーん、、もったいないような、、、。
そして、またその服を元あった場所に戻す。
その代わり、人の服に手を伸ばし、ときめかない!ときめくわけがない!と決めつけて、

哲!この服、もう捨てたら~?ぼろぼろだよ!とクローゼットから叫んでみる。


あぁ、このバッグねぇ~。
絶対に使うことないし、ときめきもしないけれど、高かったのよね~。



DSC01424 (500x375)

ねぇ、哲!これ、あげようか?良いバッグだよ~!ほら、鏡みて!
うん、似合ってる!


こうして私が断捨離したものは、哲のものとなったのだった。

応援をどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。