ヴァージニア日記

アメリカで過ごす中で、毎日感じたことを記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみの幸せ。

物は近くにありすぎると見えないものだがそれは幸せも同じだろう。その中にいると感じることは出来ない。いわゆる「幸せ」な時が過ぎその「幸せ」を失って振り返った時に、やっと有難味が分かるものなのだ。でも、そもそも幸せとは一体何なのだろうか。不自由なく生活できる環境、温かい家、人から受ける愛、家族の平和。「幸せ」という言葉から受けるイメージは私の中ではピンクや赤、暖色系で、それをイメージしようとすると靄がかかったようなほわ~んとした画像になる。そう、それが幸せだよね。温かくほわ~ん。

1

その中にいると幸せを感じることが出来ない一方で、悲しみはその中にいると分かりたくないのに身体全部でそれを敏感に受取ってしまう。幸せは過ぎた時に「あぁ、あの時は幸せだったのに」とその時に幸せを感じなかったことを後で悔やむ一方で、悲しみの良さは過ぎた時に「あぁ、あの時は辛かったけれど乗り切れたね」を感謝出来ることだ。だから幸せも悲しみもどちらも良いことと悪いことを兼ね備えている、本当は同じものなのかもしれない。

一般的に温かくほわ~んなイメージを持つ幸せはだが、何を「幸せ」とするか、それは人それぞれなのだろう。旅行をすることかもしれない。平和な生活なのかもしれない。健康であることかもしれない。美味しいものを口にした時なのかもしれない。私もそれらの時にあぁ、、幸せ~と良く呟く。でも今回は「それらの時」ではなかった。

あぁ、、辛いけど幸せ。哲、幸せを感じるよ。

年末から年始にかけて辛く哀しいことが起こった。自分が辛い思いをしているのであれば自分をコントロールすれば良いからまだ我慢できるのだが、その「悲しみ」は大事な家族の一員の「悲しみ」だった。だから一体どれだけ辛い思いをしているのだろう、、と想像すると、想像力豊かな私の妄想は広がり、とめどもなく可哀想になってしまう。そしてその悲しみはもともと本人が持っている悲しみに余計な想像を付け加え巨大化する。
替われるものならば替わってあげたい。
幸せが人に波及するのと同様に、悲しみももちろん人に波及し一緒に悩むことになる。でもそれが家族の良さなのだろう。1人では無く一緒に悩める。一緒に頑張ろう。

出来事が起きた数日は、何をしていてもそのことで頭がいっぱいになり、眠れぬ夜もあった。そんな辛い時だったのになぜか私は悲しみと同時に深い幸せを感じたのだ。

あぁ、この辛い時を一緒に乗り越える相手が哲で良かった。
哲とだったら乗り越えられる。
こういう辛い時期を、頑張ってくれる哲で良かった。


辛い時こそ、人はその人となりが出ると思う。そして辛い時にも地道に頑張る哲だからこそ、一緒に頑張ろうと言う気持ちになれる。哲の小さな目を見ればどれだけ辛い思いをしているのかは分かる。これが自分だったら鼻と目を真っ赤にし、毎日泣きじゃくっているだろう。そんな辛い日々を哲はぐっと気持ちをこらえて踏ん張っている。
踏ん張り過ぎたら駄目だよ。辛い時は諦めたって良いんだよ。
そう哲に言いながらお互いに励まし合いながら日々は過ぎて行った。

そして小さな光が見えて来た。

人生チャンレンジが無いとつまらないよ。変化のある生活、チャレンジのある生活で良かったね。
夜、テレビを観ながらソファに横になっている哲の頭を叩き、そう呟いた。

悲しみはその時辛くとも、振り返った時、乗り越えられたことを幸せに思える。まだ余裕を持って「振り返る」時点には達していないが、悲しみの中でも幸せを感じることが出来たことに、幸せを感じた。

幸せとは一体何なのだろうか。不自由なく生活できる環境、温かい家、人から受ける愛、家族の平和。
うううん、それだけでは無い。幸せはどんな所にもあるのかもしれない。悲しみの中にも。

応援をどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ユニヴァーサル。

フェリックス!
グッドボーイ!
アーチー!
ケリー!
グッドガール!


いつにになったら英語が100%聞き取れるようになるのだろうか。ニュース英語はほぼ分かるものの、ドラマや映画となると物によっては70%くらいしか理解できないことがある。アメリカに住んでもう15年以上経つというのに、進歩していないのではないか。
いや、進歩はしている。日本から来たばかりだった頃は、CNNのニュースをも聞き取れず、ジョージタウン大学のクラスでどれだけ苦労したことか。みんながイギリス英語とアメリカ英語の違いを物まねして笑っているのを、どっちも同じに聞こえ笑えなかった。今なら英語と米語のアクセントの違いを笑うことが出来る。

でもね、哲、本当に100%分からないんだよ?そんなことがあって良いと思う?何言っているかチンプンカンプンなの。本当に全く理解出来ないんだよ!

デイケアで一緒に働いているスタッフの中には20代の子達も多い。その子たちの中に50に足をかけ始めているおばさんの私が入って話を聞いていること自体がおかしいのかもしれないが、ある日、彼らの話している会話の一つの単語も聞き取れなかっことがあったのだ。アフリカンアメリカン特有の強いアクセントのせいもあるのだろう。でもそれにしても分からなさ過ぎるのでないか。いくら楽しく仕事をしていても、そうなるとまだとてもここが「居心地の良い場所」とは言うことが出来ない。言葉のいらない犬達と接している限りは良いのだが、言葉が必要な人間と接する時にやはり緊張する。会話が全く分からない時、私は1人知らない場所に取り残された犬のような孤独感を感じるのだ。
みんな笑ってる。何がおかしいんだろう。
そして急にその中の1人が「ね、サチコ!」と言い、会話を振られる。
あ、その単語は分かる!
「サチコ」。

英語は自分から聞こうとしない限り、それはただのBGMとなり耳に入ってこない。でも誰かが遠くで話している会話でも、自分の名前が入るとそこだけは聞き取れる。そこだけは、日本語を聞いているかのように、意識しなくとも耳に入って来る。

働き始めて数日後のことだった。「ねぇ、サチコ、サチコは何かニックネーム持ってる?どうしてかっていうとね、、、、何人かサチコの名前を発音できなくて困っている子がいるのよ。」とマネージャーから聞かれた。その時「困っている」と言う表現を、彼女は「COMPLAIN 不平を言う」という単語を使っていたのを覚えている。そんなに困っているんだ。会話の中で相手の名前を呼びかけることの多いアメリカ人にとって、相手の名前をきちんと言えないことはかなり居心地が悪いのだろう。私は急にニックネームと言われても困り、悩んだ末「HANNAH ハナ」と答えた。「SACHIKO」のスペルを聞いただけでは書けないスターバックスなどのコーヒーショップで使っている私の英語名なのだ。これからはコーヒーショップだけではなく、ここでもハナと呼ばれて「自分だ」と気づく様に気を付けていなくてはならない。ところがそれから何日経っても誰からもハナとは呼ばれない。そして、誰もがサチコと呼ぶようになった。きっと「サチコ」と発音出来る人がいるのに自分だけ出来ないのは申し訳ないと思ったのだろう。影で練習してくれたのだろう。ありがとう。

チリにいてもアメリカにいてもどこにいても馴染みある日本語「サチコ」が耳に入って来るのは何とも心落ち着きほっとする。当たり前なのだろうが、これはすごいことではないだろうか。名前はUNIVERSAL LANGUAGE (世界共通の言語)なのだ。日本語のリンゴは英語ではアップル、スペイン語ではマンサナ、苺は英語ではストロベリー、スペイン語ではフルティージャなのに、サチコはどの国でも「サチコ」なのだ。どんな外国にいても私の名前はサチコで、他に代わるものは無い。そしてその馴染みある愛おしい単語を異国で耳にすると、私はほっとするのだった。

そして思った。
あ!犬もそうなんだ!
そうだ、名前がキーなんだ!


archie (500x379)

デイケア初日の犬、いつもシャイな犬、居場所無さそうにしている犬たちに私は名前をたくさん呼んであげることにした。
フェリックス!大丈夫?
おぉぉ、、ケリー、グッドガールね!
アーチー カム!


4 (1) (500x375)

名前を呼んであげると、隅っこの方で泣きそうな顔をして佇んでいた犬の顔がパット明るくなり近寄って来る。
あ、このおばちゃん、ママとパパと同じ言葉をぼくに言ってくれる!
と近寄って来る。
そうだよ、仲間なんだよ。魔法の言葉を知ってるんだよ。


今ではスタッフの多くの人が頻繁に「サチコ」と口にしてくれるようになった。パッと目があっただけで通りすがりのアイリーンが「サチコ~!」と笑顔で言う。
若者代表のミアが「ヘイ!サチコ!」と挨拶してくれる。
エイヴィーが「ワッツ アップ サチコ?WHAT'S UP?」と言ってくれる。

幸せな子 幸子。
「みんながSACHIOKOって名前だったら、みんな幸せになるね」あの日少年に言われた名前(←クリック)、私はこの世界共通の単語が本当に好きだ。

あぁ、名前があって良かった。

ところでさぁ、哲、アフリカンアメリカンの人が出ている映画でも毎日観ていたらいつか彼らの英語も分かるようになるのかなぁ。


応援をどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


意味。

生まれ変わったら何になりたい?
バレリーナになりたいなぁ。

数か月前のことだった。ボランティア先の友達が白黒の写真を見せてくれた。写真では止まっているものは、ゆっくりとうごめいているのだろう。
それは新しい命だった。この子はどんな人生を送るのだろう。バレリーナになるのかもしれない。未来を持った命をお腹の中に宿すって一体どんな感じなんだろう。その命を育むというのはどんな感じなんだろう。

どんなに辛いことも時間が解決してくれる。時間の効用に今までどれだけ助けてもらったことか。時間は、その時の辛さを後で懐かしく思い出し、笑い話とまでは行けなくとも、微笑みながら話せる日を作ってくれる。誰の人生もそうであるようにこんな私でも、辛かったことはもちろんあった。でもどれも振り返ると「あの時辛くて良かった。だから今の自分があるんだ。」と思えるようになっている。全ての出来事には意味があるんだ。病気がちだったこと、チリで寂しく辛かったこと、もちろんそれらを思いだす度に胸は痛むが、以前はその話を自分からすることは出来なかったのに、今は隠すことなく自分から話せる。こうして話すことが出来た時、やっと、あぁ、本当に乗り切ったんだぁ。と嬉しくなる。

良いことにしろ悪いことにしろ、何かあるとその出来事にはなにかしらの「意味」があると思っていた。結果論なのかもしれないが、あの時あんなことが起きたのは、その後こんなことが起きるためだったんだ、、などと、人は人生の出来事に意味を見出し、筋道を立てたくなる。私は神さまを信じている。おばあちゃんや天国にいる愛する人達が見守ってくれ、励ましてくれたりしていると思っている。そしてその人たちが、自分が一番自分らしく生きることが出来るように、見えない道に導いてくれているのだと思っている。出来事と出来事の間に筋道を立てて導いてくれているような気がするのだ。不妊治療をしても子供が出来なかったことにもきっと意味があるんだと、私達は数年前に結論付けた。そして、「子供を持つこと」に終止符を打ち、今あるものを楽しむことにした。時間が助けてくれた。今の私は治療しても子供が出来なかった自分を受け入れ、心から素直に、新しくどこかで芽生えている命を喜んであげることが出来る。

考えてみたら子供の時から「子供」が好きだった。小学生の時から自分よりも年下の子の面倒を見るのが好きで、家にはいつもその小さな子たちが「さっちゃん!あそぼ!」と声をかけに来てくれていた。子供の時から「おかあさん」になりたかった。

数か月前に白黒の写真を見た時、久しぶりに心が何かを訴えていた。吹っ切れたつもりだったのに吹っ切れていなかったのだろう。女性として生まれて来たからには命を宿したい。自分の子を胸に抱きたい。「子供がいなくて良かったね」と話すこともある中で、心のどこかにあるその思いは消すことは出来ていなかったのだ。時間が経っても忘れてはいなかったのだ。

哲、やっぱりちょっと悲しくなっちゃった。
なんで幸子には子供がいないんだろう。
こんなに好きなのに。
良いお母さんになれると思うのに。
一体意味はなんだろう。
神さまは何をさちこにさせようと思っているのだろう。


そう、哲に問いかけた私に哲は一言、、

意味なんてないんだよ。と言った。

その素っ気ないとも言える短い文章は、ストンと私の心に届いた。今までは哲も一緒に「子供のいない意味」を考え、きっともっと他に助ける人がいるからとか、私達を必要としている人や動物がいるからだとか結論付けていたのに、「意味なんてない」と哲が言ったのは初めてだったのだ。

肩の力がふぅっと抜けた。
そっか、意味なんてないんだ。
ただ、子供がいないだけなんだ。


DSC_0517 (500x333)

子供がいない私は、一体どのような人生を送るべきなんだろうと、ここ10年くらい、ずっと自分の道を模索し続けていた。
それに何か自分の嫌な部分を見ると、
あぁ、こんなだから神さまは私には子供が育てられないと思って、授けてくれなかったんだ。
と考え、自分が「持てないこと」の意味を自分の中の欠点と結びつけていた。

意味なんてない。

もう、そんな風に思わなくていいんだ。ただ、私達には子供がいないだけなんだ。そうだったんだ。

自分が生まれて来た意味も良く考える私には「ただ、幸せに生きれば良いんだよ」と言った哲のもう一つの言葉のお蔭で、私の気持ちは急に楽になった。

今を生きればいいんだね。幸せであればいいんだね。。後のことも、先のことも、意味なんてなく、ただ「自分として」生きて行く。

40年以上、神様の思惑を伺おうと必死に考えていた私の思考回路を直すのは至難の業だが、残りの人生、「意味を見出さず」生きて行こう。私は私。

全ての出来事にはもしかしたら意味なんて無いのかもしれないが、

でもね、哲と出会った意味はあると思う。

20th (500x333)

こんな私に大事なことをいつも教えてくれるから。

生まれ変わったら何になりたい?
バレリーナじゃない。
生まれ変わったら「母」になりたい。

応援をどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

IT IS HAPPENING。

それが陽の目を見ようが見まいが、人は「何か光るもの」を必ず持って生まれて来たと信じている。「これをさせたらあなたはぴか一!」というようなものを。哲は東洋医学医になり自分に持って生まれた光るものを輝かせてあげていると思う。私は未だに自分の中の眠る宝石を探索中だが、これから見つかると信じている。見つけようとしている。

反対に、「これだけはどう頑張っても出来ない」という物もほとんどの人は持って生まれている。自分の宝石は見つけていない私だが、この「出来ない」ものはずっと前から分かっている。それは車の運転だ。

大抵のことは努力すれば多少なりとも出来ると思って生きてきたが、車の運転というものに直面した時、こればっかりは努力しても駄目かもしれない、、と珍しく諦めた。二十歳の私がマニュアルの免許をとろうとしていた時には、自分と同じ苗字を持つひょうきんな足立先生に「あのぉ、私やっぱり免許をとるのやめようと思います。」と相談した。もちろん先生は「頑張れ!」と背中を押し励ましてくれ、そして無事に免許をとることが出来た。だがその免許はそのまま財布にしまわれ、何度か更新はされたものの今は無効となっている。

そんな私が今、自分が苦手だと分かっている車の運転にチャレンジしている。アメリカでも一度挫折した免許取得を再度試みようとしているのだ。友人は足立先生のように「大丈夫!慣れればなんてことなくなるから!」「私でも出来るんだから!」「頑張って!」と応援してくれ、そしてその言葉に励まされるように、今日も助手席に足立先生の代わりに哲を乗せ、運転の練習をしたのだった。

201609030522559c4.jpg

みんなに励まされその気になる時、楽しそうに運転をしている自分を想像する。そう、やれば出来る。慣れれば大丈夫と自分に言い聞かせる。そして免許を取得し、好きな時に買い物をしている自分を想像する。
あぁ、やる気が出て来た!出来るような気になってきた!
MAKE IT HAPPEN!
IT IS HAPPENING!


そう自己暗示し嬉しい気持ちのスタートを切るのだが、いざ練習し終えると毎回決まって落ち込み、心が泣いているのだ。それは足立先生や友達とは違い哲が励ましてくれないからだった。

こうした方が良い、ああした方が良い、幸子はもっとここを練習しなくてはならない、、とポイントを教えてくれるものの、失敗した時に哲が見せる表情にまず落ち込む。最後に「GOOD JOB」とは言ってくれるが、明るい口調では無く、社交辞令的な言葉にしか聞こえてこないのだ。
ねぇ、運転楽しんでる?
その質問も「楽しんでいない様子」を見てとられ、だからこそここで励まして欲しいのに「したくなかったらしなくていいんだよ」と違う方向へ導いてくれるのだ。

自分の教官は哲以外にあり得ない。でもこのままでは運転が楽しくなくなってしまう、、、と思った私は思い切って哲に心の内を打ち明けた。

みんなは運転することを頑張れって励ましてくれるのに、どうして哲は励ましてくれないの。
毎回運転の練習をする度に、泣きたくなるような気持になって、このままだと続けることが出来ないよ。
なんでいつも怒ったような顔をしているの。


すると哲は、、

しょうがないじゃん。みんなとは立場が違うんだよ。幸子の命がかかっているんだから!

あぁ、どうしてそんなことに気付いてあげなかったのだろう。
今まで「どうしてどうして」と思っていた疑問が解決されただけでは無く、哲の行動の理由が「自分を大事に思ってくれていること」から来ていると知り、泣いていた心が嬉し泣きに変わった。そしてそれほどまでに心配してくれているなら、危険と思われている運転をしない方が哲のためになるのかもしれないとまで思った。

うううん、でもそんな哲のために頑張る。

週に2度は練習するようにしているが、未だ毎回ハンドルを握るたびにドキドキし、家に到着した時には安堵で疲れる。

s-DSC08182.jpg

哲に「別に運転をしなくてもいいんだよ。嫌なら無理してすることないんだから。」と言われる度に、何度も「そうだよね、無理してまですることないんだよね。」と折れそうになる。哲もこんなに心配していることだし。でも、私はその大事な家族のために頑張りたいのだ。哲が倒れた時、病院に行くのに人に頼らなくてはならなかった。クルミが死にそうになり入院しなくてはならなかった時もタクシーには乗せることが出来ないから、クリニックのスタッフであるソラが仕事中なのに病院に送ってくれた。自分の家族くらい自分で守らなくては。

家族だからお互いを心配する。そしてそんな夜、フェイスタイムをしたお義母さんが最後に「幸子さん、運転気を付けてね。」とその前に話していた内容から続く涙声で言ってくれた。

ハンドルを握る。緊張する。シートベルトをし、エンジンをかけミラーを確認。左にウィンカーを出し、さぁ、いざ!

幸子!今、ちゃんと後ろ確認したの?
し ま し たっ!

s-DSC08260.jpg

苦手だけで頑張る。右で心配している人を守るため。急ブレーキで前のめりになる後ろにいる二匹を守るため。そして自分の自由のため。

応援をどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

栄養以上。


いってらっしゃぁ~い。
今日もよろしくお願いします。

今日はなに?
あ、お弁当。(サンドウィッチやパスタサラダでは無いという意味)
ありがとう。
うん、でも詰めただけなの。
詰めただけじゃない!
はーい。

そして哲を見送る。

1 (500x375)

国が持っている文化はその国独自のもので、郷に入れば郷に従え、アメリカに入れば日本の文化を周囲の人に押しつけるのは無理があるのだろう。しかし、国際化により他国の文化の理解も深まり、嬉しい波及が起こっている。誰かが家を訪れて来る時、10年前は「靴を脱いでください」と言えない空気が漂っていたが、最近では自ら靴を脱いでくれたり、工事の人は靴カバーを持参してくれたりするようになった。世界の文化がアメリカでどのくらい浸透しているのかはその国の文化を知らないから分からない。でも、はっきりと言えるのは「食」に関する文化は行き来しやすいためか、ハンバーガーの国アメリカにもかなり及んでいると言える。実際に典型的なアメリカンレストランの数よりもその他の国の料理を出すレストランを合わせた方が数が多いだろう。メキシカン、南米料理に始まって、イタリアン、フレンチ、もちろん和食、中華、韓国料理、ベトナム、タイ。ウイグルレストランまでもある。

20160616035807bd7.jpg
(写真はウイグル料理)
ひいき目だからなのかもしれないが、いろいろな食文化の中でここ1~2年の日本食に対する注目度はかなりのものだと思う。今まで日本食と言えば「SUSHI」「TEMPURA」だけだったのが、数年前から「RAMEN」が脚光を浴び、そして食材にしてもDASHIやYUZU、NATTOまでもが取り上げられるようになった。それと共にBENTOというのは今までレストランで出す松花堂弁当のような容器に入った詰め合わせを指していたが、本来の「BENTO」を意味するようになって来ている。雑誌やインターネット配信のニュースでは、子供にこんなBENTO BOXを持たせてあげましょう!という特集を良く見かけるようになってきた。

20151130020619b3e.jpg

私は料理が好きだ。人種のるつぼであるアメリカに住んでいるお蔭でいろいろな食材、そして各国の料理に触れることが出来、それらを見る度にワクワクしては自分で作ってみたくなる。もちろんそんな実験を伴うような「料理」も大好きなのだが、自分らしさを出して私が心から料理を楽しんでいるのは、お弁当を用意している時だろう。あの小さな箱に気持ちを詰める楽しさ、相手が食べるのを見ることが出来ないから余計にワクワクするのかもしれない。お弁当を作る時は、相手のことを思いながら、栄養を考えながら、彩を考えながら、食べやすさを考えながら作る。家の食卓で出す場合とは異なり、温かいものと冷たいものを一緒にいれることが出来ない。だから日々の夜ご飯よりも難しいと思っている。日々の食卓に出す料理よりもよっぽど「気」を使うのだ。だからこそ、お弁当は特別で、そんなお弁当文化を海外の人にもっと知ってもらいたい。BENTO BOXを推奨し、子供達にお弁当を用意してあげようという流れは嬉しい流れだ。でも、それらのどの記事どの「BENTO」を見ても、「日本のお弁当」とは明らかに違い「お弁当の真義」を分かってもらえていないこと、いや分かり得ないのだろうと残念に思ってしまう。

cqbqswkvmaevj33.jpg

良い悪い、どちらが優れている劣っているというのではない。日本人は何を入れたらバランスが良いかということを、脳みそをフル回転させなくても分かることが出来る人種なのだと思う。それは「感覚」であって「数値」では無い。15年以上前にアメリカに来て驚いたのは、グローサリーストアで買い物をする人たちの多くが裏のラベルを眺めていることだった。今まで日本でそんな人を見たことが無かったし、もちろん自分もしたことが無かった。ある意味、とても健康意識の高いアメリカで、数値に則って「食」を考えるのが好きな人たちなのだ。

炭水化物 〇%
タンパク質 〇%
ビタミン
塩分
脂質

cqbqswkviam8ggp.jpg

とても分かる。とても分かるのだが、数字に則って「詰めた」ものを「BENTO」と呼べるだろうか。もちろんこれを用意する母親は子供の栄養を考えて選んでいるから「詰めただけ」では無いのかもしれないが、でも違う。これでは「気持ち」が入らない。私がお弁当を作る時にもっとも楽しみにしている「気持ち」が。おにぎりを握る時に入れる気持ちが。お弁当は栄養以上のものなのだ。

和食が広まっているアメリカだが、「お弁当」の真髄は理解されないのだろう。言葉では伝えることが出来ないもの。だからこそ、それが「文化」なのかもしれない。その国のその国民にしか感じることの出来ないニュアンス。

いってらっしゃぁ~い。
今日も忙しいんだよね。頑張ってね。

うん。今日は何?
あ、おべんとう。あ、でも詰めただけ。
詰めただけじゃない!

そうだね。

20160920012325931.jpg

詰めただけでも気持ちも一緒に詰めたおべんとう。
いってらっしゃい。
今日もよろしくお願いします。


応援をどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。